ボンヘイとの再会:カンボジア

2016年02月01日取材 海外

2015年の年末から2016年年明けにかけて、4年ぶりにカンボジアを訪れました。3週間の滞在の後半は、以前取材をしたボンヘイという男の子を探すためシェムリアップに移動しました。このwebsiteのポートフォリオ「ボンヘイのストーリー」に紹介してありますが、私がボンヘイに出会ったのは2009年の11月。観光地であるシェムリアップ中心部の繁華街から空港へ向かう大通りから小さな路地を入った所に、当時8歳だったボンヘイはおばあちゃんとお母さんそして2匹の犬と6帖ほどの高床式の小さな住居で生活していました。HIVに母子感染して生まれたボンヘイは、生まれつき耳が聞こえず、言葉も話すことが出来ない障害を抱えながらも、 お母さんとおばあちゃんに大切に育てられていました。私はボンヘイの家に約1週間泊まりながら取材をしたのですが、お母さんは将来どうやってボンヘイが一人でHIVに向き合って生きて行くのか、をとても心配していました。

DSC_0834
(2009年、当時8歳のボンヘイ)

 

2年後の2011年、再びボンヘイの家を訪ねると、かつてボンヘイが暮らしていた家は空き家になっていました。近所の人にボンヘイの居場所を聞いてみても「知らない、、」と口を揃え、どうしようかと思っていると、たまたま近くで会話を聞いていた男の子が「僕知っているよ!」と話しかけてくれました。その子に言われるがままに付いて行くと、アンコールワットのチケット売り場近くの集落に辿り着きました。ボンヘイのお母さんは既に2年前にエイズを発症し亡くなり、おばあちゃんと2人暮らしをしていました。2009年には学校に通っていたボンヘイは、この時には学校を辞めていて、おばあちゃんと遊園地などで空き缶を集める仕事をしていました。お母さんが亡くなったためか、10歳になったボンヘイはおばあちゃんを自分で支えなければと思っているのかなと2人の暮らしを見て感じました。

DSC_3788

(2011年、2回目の取材の最終日。10歳になったボンヘイとボンヘイのおばあちゃんと2人が暮らす家の前で)

そして3回目の今回。4年前にボンヘイがおばあちゃんと暮らしていた家がある集落に行くと、2人の姿はありませんでした。近所の人たちに話を聞くと、2年前におばあちゃんが亡くなり、その後はボンヘイがどこへ行ったか分からないと話をしていました。2人が暮らしていた家があった場所に行ってみると、家の形は残っていたものの、ペンキで木の壁が真っ赤に塗られ、中を覗いてみると戦争博物館に展示しきれなかった弾や武器の置き場になっていました。その瞬間「孤児になってしまったボンヘイはどうなってしまったのか!」と不安になり、近所の人たちに聞いても誰も分からず、結局近所の男性に私とこの時にたまたま運転をしてくれていたトゥクトゥクのドライバーの運転手の携帯電話の番号を伝え、ボンヘイの居場所を調べてほしい、そして分かったら連絡をして欲しいと伝えました。せめて、おばあちゃんが亡くなる前に訪ねていれば良かった、、と思っていた、その時「僕その子の場所を知っているよ!」と男の子が話しかけてきました。4年前と同じように住居をかえたボンヘイの居場所を知っていたのは同世代の子どもでした。10歳ほどに見えるこの16歳の少年の後を付いていくと、外国人観光客で賑わうシェムリアップのオールドマーケット近くの路地裏からボンヘイが出てきました。4年ぶりに再会するボンヘイはビックリしたことに私を見るとニッコリ笑い握手をするために手を差し伸べてくれました。髪の毛はボサボサで洋服は汚れていました。昼間は道ですれ違う外国人観光客にお金を貰い、夜はシャッターが閉まった店の前の道路で寝ている、とジェスチャーで伝えてくれました。その時、「ボンヘイの名前を知っていて、ボンヘイの家族に会ったことがあって、しかもボンヘイがHIVに感染していることを知っているのは、もう私一人しかいないのではないか」とその状況が信じられなくなりました。すぐにボンヘイを連れて運転手と一緒にまずは近くの屋台で簡単な食事をしました。ボンヘイはHIVに感染して、家族もなくし、頼れる人が誰もいない中で、一人でたくましく生きているんだと、このあまりに理不尽な現実を受け入れられなくなりました。2年前に使っていたお気に入りの自転車はボンヘイよりも大きな他の孤児たちに壊されてしまったとのことでした。 初日に運転手をしてくれたトゥクトゥクの運転手ピトゥーと相談し、ボンヘイと再会した3日後にシェムリアップにあるアンコール小児病院へボンヘイを連れて行きました。というのも、6年前にお母さんと一緒にボンヘイが時々診察を受けていたことを思い出し、この病院だったら孤児院を紹介してくれるのではないかと思ったからです。ボンヘイを連れて病院の受付で事情を説明すると、すぐにHIVの診察セクションへ案内してくれました。診察室から女性の看護師が出てくると、彼女がボンヘイを見るなり、「も〜この子探していたの、ここ数日間!連れてきてくれてありがとう」と突然フレンドリーに話しかけられました。するとボンヘイが照れ臭そうに下を向きました。最初は事情が掴めなかったのですが、話を聞くと、おばあちゃんが亡くなった後、ボンヘイは小児病院に紹介されたNGOに引き取られ、NGOの施設に入所したのですが、時々他の子と喧嘩をしたりして、施設を逃げ出すことがあると教えてくれました。私がボンヘイに出会ったのはちょうど施設を逃げ出している時だったのです。病院の看護師の女性がNGOのケアマネジャーに連絡を取ると若い男性がバイクですぐに飛んできました。最初はこのNGOがどれだけボンヘイの面倒を見ているのか不安に思ったのですが、ボンヘイが施設にいない時にもどこで行動し、どこで寝ていて、私がボンヘイに出会ったオールドマーケット近くのお店の前で寝ていることも全て把握していました。ボンヘイの担当者であるこのNGOの男性の名前はチャントルさん。「施設は刑務所ではないのだから、ドアはいつもオープンにしてある。ボンヘイが外に出たいと思う時に、私たちには彼を力づくで連れ戻す権利はないんです。その代わり、ボンヘイが施設の外でどう生活し、どこで寝ているのかはいつもフォローし、時々HIV患者が飲む薬を飲ませるために、ボンヘイがたむろしている道端へ行って飲ませたりしています」という。時々気が向いた時に施設にフラッと帰ってくるのだそう。そしてしばらくすると外に行くのだそうです。シェムリアップが安全な町だからこそ、ボンヘイに自由を与えられるのだなと思いました。そして、確かにチャントルさんの言う通り、ボンヘイの意志を尊重して、ちょうどいい具合にボンヘイをしっかりフォローしていただいているのが分かり、本当に安心しました。おばあちゃんが亡くなってからの2年間はこのようにしてボンヘイのケアをしてきたそうです。この日ボンヘイはチャントルさんと一緒にNGOの施設に帰ることになりましたが、その前にNGOが経営するカフェで ボンヘイとチャントルさんと一緒にランチをしました。ボンヘイは4年前よりも、ジェスチャーでコミュニケーションを取るのが上手くなっていて、私とも意思疎通がそこそこ出来るようになっていました。驚いたのは、4年前にボンヘイとボンヘイのおばあちゃん3人で自転車に乗って、空き缶を集めるために遊園地に行った帰りに、私が自転車に乗りながら、自転車を運転するボンヘイの後ろ姿を撮影していた時のことを凄く楽しそうに伝えてきてくれたこと。4年前の滞在は数日間だけだったのに、当時のことを覚えていてくれたことが分かり、とても嬉しく思いました。

カフェでランチをした2日後、再びボンヘイを訪ねにNGOの施設にいきました。その時にチャントルさんがボンヘイにエイズの発症を遅らせる抗レトロウィルス薬についてジェスチャーで説明している姿を目にしました。チャントルさんによると、ボンヘイはエイズのことを100%理解していなくても、この薬を飲むことがとても大切だということはちゃんと理解しています、と話していました。
この時に、6年前に今は亡くなってしまったボンヘイのお母さんが、「息子が一人になった時にどうやってHIVに向き合って生きて行くのか。。。」と心配していた時のことを思い出しました。家族がいなくなっても、ボンヘイがこうやってたくましく生きている姿を、きっとボンヘイのお母さんは安心して天国から見ているんだろうな、と思いました。

DSC_0074

(2016年1月、14歳のボンヘイと)

 

DSC_0065
(ボンヘイをサポートするNGO が経営するカフェで、NGOのスタッフとボンヘイとランチをした時に:2016年1月)

 

DSC_0092
(ボンヘイにエイズの発症を抑える薬についてジェスチャーで説明するNGOスタッフのチャントルさん:2016年1月)

Joop Swart Masterclass(世界報道写真財団) ワークショップ@オランダ

2016年01月29日その他 海外

随分と時間が経ってしまいましたが、昨年の写真活動の中でとても刺激になったワークショップをご紹介したいと思います。

私が昨年11月に参加したJoop Swart MasterclassはオランダのWorld Press Photo(世界報道写真財団)が毎年行っているワークショップで、既にプロとして活動をしている32歳までの写真家を選び、さらに写真の分野で活躍する編集者や写真家、本のデザイナーなど6人のマスターを招待し、アムステルダムで写真漬けの7日間を過ごす、というワークショップです。

IMG_1637
(参加者とマスターのグループ写真)
私は写真家になった頃から、このワークショップにはいつか絶対に参加したい!と思っていたので、昨年ようやく参加する機会ができ、本当に嬉しく思いました。ドキュメンタリー写真をやっている写真家やフォトジャーナリストが参加するワークショップは世界中にあるのですが、このワークショップは参加費や滞在費、渡航費、食費など全てWorld Press Photoが負担してくれます。ただ、参加するためには、まずはノミネートされる必要があります。世界中にいるノミネーターにより、ノミネートされた写真家は4月頃にポートフォリオ(作品)やワークショップへの参加志望動機をWolrd Press Photo に送ります。今回のポートフォリオ作品は30枚までと決まっていたため、私は組写真(2つのストーリー)と単写真を合わせたものを送りました。その後に審査があり、ノミネートされた写真家の中から最終的に12人が選ばれることになります。
参加が決まった12人は、ワークショップが開催される11月までの間に決められたテーマのフォトストーリーで取材をすることになります。今年のテーマは「Invisible」。それぞれの解釈でInvisibleにあったテーマで撮影し、11月に写真をオランダに持って行きます。

今回、ワークショップが開催された場所はアムステルダムにある、「Hotel not Hotel」というホテルでこちら⇒
http://www.hotelnothotel.com
ホテル全体を貸し切って、私を含む12人の参加者やマスター、World Press Photoのスタッフが寝泊まりをしながら、ホテルのロビーのような場所で、写真について議論をしたり、意見を交換したり、レクチャーをしたりという1週間を過ごします。

Joop Swart MasterclassのHPはこちら⇒
http://www.worldpressphoto.org/academy/joop-swart-masterclass

昨年の参加者は私(日本人)の他に、フランス、イラン、ブラジル、イギリス、ベネズエラ、パレスチナ、エジプト、ドイツ、ブルガリアから12人の写真家やフォトジャーナリストが参加しました。

マスターには以下の6人

*Claudine Boeglin- マルチメディア(写真、音声、ビデオなどを融合したビジュアル作品)のプロデューサー
*Tanya Habjouqa- パレスチナに拠点を置く、女性のフォトジャーナリスト。私が所属するイギリスのエージェンシーPanos Picturesに彼女も所属しています。

*Meaghan Looram- ニューヨーク・タイムズ紙のフォト・エディター

*Jonathan Torgovnik- 南アフリカに拠点を置く、フォトジャーナリスト。ルワンダの虐殺を取材した写真集が日本でも赤々舎から発売されています。
http://www.amazon.co.jp/ルワンダ-ジェノサイドから生まれて-ジョナサン-ドーゴヴニク/dp/490354558X
*Teun Van der Heijden- オランダに拠点を置くブックデザイナー
*Donald Weber- VIIフォト・エージェンシーに所属するカナダ人写真家

11月1日~7日まで開催された、ワークショップでは6人のマスターによるプレゼンターション、参加者一人一人がマスターと一対一になって、行うポートフォリオレビュー、ドキュメンタリー写真の歴史、取材中そして発表活動をする上での倫理の問題、エディティング(写真編集)の方法、これからのフォトジャーナリズムについて、それぞれの取材やストーリーのコンセプトをどう組み立てていくかなどについて、朝から夜遅くまで情熱的なディスカッションが続きます。体力は使っていないはずなのに、夕方6時頃にはすっかり疲れきってしまう、という毎日でした。

IMG_1648
(写真の編集作業の様子)

IMG_1638

(朝食の時間)

IMG_1641
(部屋の入り口:ワークショップ会場になったホテルにはたくさんの本や写真集があるのですが、それぞれの部屋は本棚の奥になっています…)

IMG_1645
(アムステルダムの美術館で絵画を鑑賞しながら、写真表現との比較をしたりする時間もありました)

IMG_1663
(ニューヨークタイムズ紙のフォト・エディターMeaghanによるプレゼンテーション)

6人の各マスターたちは、これまでの仕事での経験や生き方、今取り組んでいる仕事についてなど、本当に丁寧にそしてオープンに私たちに共有してくれました。

最終日には参加者それぞれが持ち寄ったフォトストーリーを編集し、その結果を発表しました。
写真というのは撮影するだけでなく、膨大な枚数の写真の中から何を選び、選んだ写真をどう繋げて編集し最終的に組写真として発表するのか、それは写真を撮影することと同じくらい大切なプロセスだと思っています。一週間かけて、マスターや他の参加者の意見を聞きながら最終的には自分で編集を行います。

とても有り難いと思ったのは、それぞれの写真家の個性や視点を大切にしてくれるということ。マスターと参加者の関係が決して先生と生徒という関係ではなく、同じ写真の仕事に携わる同志として、一枚の写真を否定したり、マスターのそれぞれの好みによって参加者の写真を批評したりするのではなく、私たちのテーマや取材対象に対する思いをじっくり聞いてくれて、その上で私たちの個性を尊重しつつ、全体的に組写真として並べた時にどう伝えるかということを大切にしながら写真を選ぶ作業を一緒に進めてくれたということです。

マスターも参加者も皆、真剣に写真に向き合って活動している人たちで、とても理解が深く、それぞれのユニークな経験をシェアし合いながらの濃密な一週間を過ごすことが出来ました。

IMG_1682

(最終日のプレゼンテーションの様子)