メディアでのAla Kachuu(キルギスの誘拐結婚)の取り上げ方について

2016年09月17日その他

キルギスの誘拐結婚(アラカチュー)のことがテレビで取り上げられるたびに、私が実際に番組に関係していなくてもその反響で色々と視聴者の方からメッセージやメールなど連絡をいただきます。それは素直に有り難いと思のですが、テレビでアラカチュー(誘拐結婚)が取り上げられたびに思うのは、アラカチューが単純に紹介され、誘拐されて女性が泣き叫んでいるところばかりが象徴され、こんなにも複雑で私も含めた部外者が意見するのが本当に難しいこの問題を、まるで「キルギスの奇習」みたいな伝え方ばかりされているのが本当に残念…。誘拐されたキルギスの女の子たちも、誘拐されてそれで人生が終わったわけではなく、その後色々な人生を歩んでいて、そういうところまで取材してほしい。キルギスの男性の中にも女性の合意がない誘拐婚はなくした方がいいと強く思う男性もいれば、女性の中にも誘拐婚を受け入れている女性たちもいます。同じ家族の中にも弟は恋愛結婚で兄は誘拐家婚、その両方の結婚の形が家の中でも自然と受け入れられていることもありました。私が取材をしていた時には、誘拐結婚後に自殺をしてしまった女性の遺族も、離婚した夫婦も、きっかけは誘拐婚だったけど今はすごく幸せに暮らしている夫婦も色々な夫婦に会って話を聞いて、それでもどう伝えるかもの凄く迷い、この問題と向き合い続けた結果、私自身は「女性の意志を無視して無理やり結婚するこの慣習はなくした方がいい」と思うようになりました。単なるもの珍しさだけで、単純にセンセーショナルに紹介して「うわ〜、ありえない国だ」と一時的に勝手に盛り上がって終わって欲しくない。他の国で起きている問題、特にそれが文化やその地域独特な価値観に基づいて行われている問題を扱う取材をしたり、番組を作る時に、単純で一方的な伝え方をするのではなくて視聴者にもっとその問題について慎重に考えさせるチャンスを与えるような番組を作って欲しいし、私も慎重に取材をしなければいけないと思う。

11月に写真集を発売します!

2016年09月07日メディア

イラクとドイツで取材をした、中東の少数民族ヤズディの写真集を11月に赤々舎から出版します。赤々舎の姫野さんと写真のセレクト中。ISの犠牲になった人々というだけでなく、ヤズディの歴史やISに攻撃される前の生活も紹介することで、ヤズディの未来について想像していただけるような内容にしたいと思います。

IMG_2905