トークイベント『変化するストーリーテリング』 @横浜 2月24日(金)16:00~16:45

2017年02月13日イベント

トークイベント:『変化するストーリーテリング』
御苗場vol.20横浜 2月24日(金)16:00~16:45
「ニューズウィーク」や「タイム」誌などに写真を提供する、友人の写真家ジェームズ・ウィトロウ・ディラーノとトークイベントを行います。フォトジャーナリズムやドキュメンタリーの分野で活動する私たちの仕事について、ニュース写真とstory tellingの違いなどについてお話をする予定です(事前申し込み無し・参加費無料)

詳細→http://www.onaeba.com/pop05.html

無料お気軽にご参加下さい!
(また5月には5日間のドキュメンタリー写真の実践的なワークショップの開催を予定しており、そちらについてもアナウンスさせていただきます。)

会場:CP+2017 BankART Studio NYK  横浜市中区海岸通3-9

ba

 

写真集『ヤズディの祈り』発売 / 1月15日石井光太さんとのトークイベント@三省堂書店池袋

2016年12月29日イベント 出版

写真集「ヤズディの祈り」(赤々舎)がようやく昨日発売されました。
(2800円(税抜き)・全223ページ、証言も多数紹介しています)。

Amazon→
https://www.amazon.co.jp/ヤズディの祈り-林典子/dp/4865410589/ref=zg_bs_518160_36?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=J9WK2T7ABWVP3P2ZYSZX

 

 

ISに故郷を追われた少数民族ヤズディの人々をイラクとドイツで取材したストーリーをまとめました。

友人や家族、土地を奪われ全てを失ってしまったヤズディに残されたものは言葉や信仰、アイデンティティ、個人の思い出だった。今回の写真集「ヤズディの祈り」がヤズディにとっての思い出のアルバムのような存在でもあってほしいという願いも籠っている。

イラクのヤズディの置かれてきた歴史が、政治的にも地理的にも非常に複雑な背景が絡んでいることから、ヤズディのことをどう伝えるか、そして彼らがこの本を手に取った時の感覚を想像して、本書ではパートごとに言語を使い分けている。インタビューをまとめたページは、日本語の他に英語やドイツ語、クルド語クルマンジー方言のラテン文字表記で表記し、写真ページのヤズディの村々の地名は彼らの文字を使用したいという思いで、アラビア文字で表記されている。

本全体が繊細な作りになっています。表紙はヤズディの女性たちが伝統的に頭を覆う白いスカーフをイメージしたジャケットで、この本を丁寧に包むような存在になっている。

yazidi-jacket_web

2017年1月15日14時〜 三省堂書店池袋本店で作家の石井光太さんとトークイベントをします。
石井さんの新刊「砂漠の影絵」または「ヤズディの祈り」どちらかを三省堂書店でお買い求めいただいた方を対象に参加券を配布されているそうです。

詳細はこちらです→

http://ikebukuro.books-sanseido.co.jp/events/1901