講演会のお知らせ: 3月9日19時〜 東京 / 3月11日 10時半〜 神戸

2017年03月02日イベント

- 2017年3月9日(木曜日)19時〜  SHIBAURA HOUSE(東京・田町)

長年アジアやアフリカで支援活動をされてきた、グリーンピースジャパン事務局長の米田裕子さんとトークをさせていただきます。無料。http://bit.ly/2m1SHuX

 

「みんなで話そう、女性の人権と環境」
【日時】2017年3月9日(木)19:00~21:00
【会場】SHIBAURA HOUSE

http://www.shibaurahouse.jp/

JR 田町駅芝浦口より徒歩7分
都営三田線・浅草線 三田駅A4出口より徒歩10分

【内容】
自然災害や環境汚染、大事故に直面したとき、女性と子どもは、全体をつかむための正確な情報を知ることが困難な場合があります。

このイベントでは、女性の人権や環境汚染や開発の現場から考えます。ジェンダーに関係なく、どなたのご参加もお待ちしています。

 

 

- 2017年3月11日(土曜日)  10時30分から17時
会場:神戸国際会館セミナーハウス 9F (兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6)

無料・事前予約→ 詳細 https://www.jica.go.jp/kansai/event/2016/170217_01.html

主催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会、兵庫EU協会、JICA関西

第1部では、キルギスとイラクでの取材を中心に講演をさせていただきます。
第2部ではシリアにフォーカスし、映画「シリア・モナムール」の上映と共に、シリアで活動されていた考古学者の山崎やよい氏と、シリア出身のナーイフ・アブドュル・カリーム氏によるトークセッションを行います。

<プログラム>
10:30~12:00 第1部 ジャーナリストが見た世界 -キルギス、イラク、ヨーロッパ-
13:30~17:00 第2部 映画上映会「シリア・モナムール」&シリアン・トークセッション

お気軽にご参加下さい!

201703国際協力入門セミナーちらし_案-2

201703国際協力入門セミナーちらし_案-2-2

 

5月3日〜7日:ドキュメンタリー写真家のための GW 5 days集中ストーリーテリング講座

2017年02月24日その他 イベント

[ドキュメンタリー写真家のための GW 5 days集中ストーリーテリング講座]
5月3日〜7日まで5日間連続で、『TIME』紙や『New York Times Magazine』などで発表をする友人の写真家 James Whitlow Delano(ジェームズ・ウィットロー・デラーノ)とドキュメンタリー写真のストーリーテリングワークショップを開催します(日本語で行いますが、英語しか話せない方でも対応可能です)。

 

詳細→http://tip.or.jp/series/storytelling/5days-for-documentaly-photographers

 

 

写真の講座というと写真やカメラの技術を身につけるか、一方的に講師が作品について話をして終わりというようなものが多いですが、今回は5日間の間に集中して写真を撮影しながら、同時にレビューをし、そして写真編集をしていきます。ただ現場に行けばいい、ただ目の前に起きていることに反射して写真を撮ればいいということでは、全く通用しなくなっている今(ニュースカメラマンの取材の場合は別にして)、物語のコンセプト、単写真とストーリーテリングの違い、そして私たちフォトジャーナリストや写真家自身が向き合っている問題をどう記録していくのかということについてもじっくりディスカッションをしていきたいと思います。このようなワークショップは海外では頻繁に開催されていますが、残念ながら日本ではこのような機会はほとんどありません。2年前に参加する機会をいただいたオランダの世界報道写真財団のワークショップがとても充実したものだったので、私がこれまでに学んできたものを共有出来るようなワークショップを目指しています。
個人的なドキュメンタリー写真のプロジェクトを進めていこうと考えている方、是非ご参加下さい!